blog index

夢はでっかく 根はふかく

人生、楽しんでこ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
バス事故
何度かこのブログでも書きましたが、ベナンは本当に交通事故が多いです。

道路は穴だらけで整備されず、車は何十万キロも走ったであろう先進国からの廃車車両が現役で走り、窓ガラスにひびが入っていたりタイヤがつるつるでボルトが欠けていることも日常茶飯事。
そのくせ信号機は無く、交通ルールは皆無といっていいほど無理な追い越しやスピード超過が当たり前になっています。

昨日、首都から任地ジュグーに帰るために500kmの道のりをバスに乗って移動していたのですが、大きな交通事故がありました。
私が乗っていたバスではなく、その数百メートル先を走行していた同じ方面に向かうバスです。

そのバスは追い越しをかけようと反対車線に飛び出し、そこで向かいから来た大型トラックと正面衝突しました。
(このような事故は多く、じつは既に帰国したジュグーの隊員も乗っていたバスがこれと同じパターンの事故に遭い、日本に治療のため一時帰国するほどの大怪我をしました。)

以下、その事故現場の写真を載せます。苦手な方はご注意ください。


衝突後、脇道に横転したトラック。






運転席が大破したバス。





バスの外では怪我や骨折をしたであろう人が横たわり、また通りがかりのバスや車から多くの人が降りてきて、車内に残っている人を救助したり交通整理をしたりと騒然とした雰囲気でした。
割れたフロントガラスの先に見えたバスの最前列に残っていた人は、外からの呼びかけにも反応せず、目を大きく見開いたまま不自然な姿勢でぴくりともしていませんでした…。



このバスはベナンのバス会社の中では最も綺麗でシートベルトやエアコン等の設備が整っており、隊員も長距離移動の際には良く使うバス会社なのです。
もちろん私も頻繁に利用しています。

そしてじつはこの日はたまたまこのバスの予約をしておらず、混んでそうだったので別のバスに乗ったのでした。
自分もこの日このバスに乗っていた可能性が十分にあったと思うと、背筋がぞっとしました。


移動は常に危険が伴うということを改めて実感しました。
バス事故は自分自身でどうにかなるものでもないのですが、できるだけ後部座席に座るなど(今回も後部座席は被害が小さかったようです)、自分の出来る限りの安全対策をしていかなくてはと痛感しました。
移動を極力少なくする、というのも大切ですね。うむ。
| tokuboshi | - | 23:04 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
千客万来
私の任地ジュグーはイスラム教徒の多い町で、モスクやムスリムの服装をまとった人々などベナンでは珍しい景観と雰囲気があります。
また隣町の観光地ナチティングーも近く、そのため多くのベナン隊員やその知り合いの日本人が観光もかねて遊びに来てくれます。

ジュグーは首都から500kmも離れているため日帰りは難しいことが多く、たいていの人は我が家(ベナン隊員の中では通称『ホテルニュー徳星』)に泊まっていかれます。
で、わりと頻繁に来客があるので、いつの日からか来てくれた人に部屋の壁に記念にメッセージを残してもらうことにしました。

そもそも家の壁は着任後すぐペンキで白く塗ったのですが(詳細は2010.08.16の記事へ)、退居する時に元通りにすればそれまでは自由にアレンジしていいみたいです。

ということで、隊員だけでなくJICA職員さんやその他来てくれた方々に、半ば強制的に足跡を残してもらってました。



そして気付いたらこんなにたくさん集まりました。



ありがたいものです。

でも、じつはこれはほんの一部…
実際は当初のイメージをはるかに超越したものになってます。




どーん。





ミケランジェロもびっくりの壁画、もちろんまだまだ進化中です。
みなさんの足跡にいつも元気を頂いてます。
半ば隊員のストレス発散の場所になってる気がしなくも無いですが。笑
まだまだスペースありますので、ジュグーにお立ち寄りの際にはどうぞ自由に書き(描き)加えていってください。

もはや退居時に消すのはもったいないなぁ。
日本に持って帰れないかな(無理)


−補足−

じつは7割くらいはこの同期3人の仕業偉業です。
遠慮しないで大胆に書いてと言ったらスイッチが入った要注意人物素晴らしきアーティストたち。





| tokuboshi | - | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
STAND UP TAKE ACTION
10月1日(土)から10月17日(月)まで、世界中で「STAND UP TAKE ACTION」というイベントが開催されています。
2015年を期限とするミレニアム開発目標に向けて貧困を削減するために立ち上がろうという世界的キャンペーンで、日本でもNGOネットワーク「動く→動かす」を中心に「スタンド・アップ」という呼称でイベントが進められています。

このキャンペーンの内容は、簡単に言うと「立ち上がって写真を撮る」というシンプルなもの。
その写真を世界中から集めて、貧困削減への意思表示となる一つの「声」を作り、国連を中心とするミレニアム開発目標のリーダー達に届けようといったものです。
(スタンドアップについての詳細は、公式ページhttp://www.standup2015.jp/basic/index.htmlをご覧ください)

立ち上がって写真を撮るという、個々人の行動それ自体にはあまり大きな意味はないのかもしれませんが、世界中からそれらを結集すればもしかしたら何か大きな力になるかもしれません。
また、これだけ多くの人が貧困削減に向かう意思があるんだということが可視化できるのも一つのポイントなのかなと思っています。

ということで前置きが長くなりましたが、私達ベナン隊員もスタンドアップしてみました!
ちょうど10月1日にベナンに到着したばかりの新隊員さんの歓迎会があり、多くの隊員が首都に集まっていたので思い切って声をかけてみました。
じつを言うと、「歓迎会の場なのにみんなを巻き込んで自己満足になるだけじゃないか」とか「みんなあまり乗り気じゃなくてしぶしぶだったらどうしよう」とか当日まで数日間一人で悶々と迷ってたんですが、迷ったらGOということで思い切って告知してみたところ意外にも乗ってくれる人が多く、「以前から知っててやってみたかった」と言ってくれる人もいたりしてとても嬉しかったです。

というわけで撮影した写真がこちら。


公式ページのレポートにも掲載されています。

それぞれの思いを込めて、STAND UPしました。
このあとは、TAKE ACTION。
小さなことでも、出来ることからやっていきたいと思います。
| tokuboshi | - | 06:18 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

bolg index このページの先頭へ